現在表示しているページ
ホーム > 事業概要 > 文化財建造物修理 > 安楽寺多宝小塔
ここから本文です

安楽寺多宝小塔保存修理事業

 安楽寺多宝小塔は形式や細部の様式などから、室町時代前期に建立されたと考えられます。総高約2mと小規模でありながら、細部や構造、様式などは一般の多宝塔と同様であり、建築物の塔として制作されたと考えられます。

 二重の組物や軒廻りを中心に破損がみられるため、平成27年11月から平成28年12月まで半解体修理が行われました。

 解体修理に伴う調査により、建立当初は現在とは異なる姿であったことが判明し、現状変更手続きを行い当初の姿に復原しました。

anrakuji_tahousyoutou01_170605.jpg

安楽寺多宝小塔竣工後写真

get-adobe-readerPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Adobe Readerをパソコンにインストールして下さい。ソフトはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。