現在表示しているページ
ホーム > 事業概要 > 文化財建造物修理 > 切部王子跡社殿
ここから本文です

切部王子跡社殿の保存修理事業

 切部王子跡のある切目神社は、日高郡印南町にある熊野九十九王子社のうち、五体王子のひとつに数えられた神社です。本殿は大規模な春日造、檜皮葺の社殿で、文政11年(1828)に再建されたものです。境内は県指定文化財(史跡)となっており、境内のホルトノキは県指定の天然記念物です。

 平成28年11月から平成29年5月の期間で、史跡の整備事業として本殿の檜皮葺屋根を葺き替えと拝殿正面の風化した砂岩切石の礎石を取り替える工事を行いました。

kirimeoujiato01_170605.jpg

切部王子跡社殿(竣工・拝殿、本殿 全景)

get-adobe-readerPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Adobe Readerをパソコンにインストールして下さい。ソフトはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。