現在表示しているページ
ホーム > 事業概要 > 文化財建造物修理 > みそや別館主屋ほか2棟
ここから本文です

みそや別館主屋ほか2棟の保存修理事業

 みそや別館は、大和街道を挟んで火伏医院の向かいに建つ明治期の呉服商の屋敷で、主屋は棟札より明治17年(1884)に京都と橋本の大工棟梁により建てたことが確認されています。北側背面が土手となる傾斜地に建てられており、敷地北端の上蔵及び離座敷、下蔵は、主屋の二階ほどの高さの土地に建てられ、各建物が渡り廊下で立体的につながる遊び心に富んだ建物で、3棟の建物が国の有形文化財に登録されています。

 土地区画整理事業に伴い全ての建物を曳家することとなり、これにあわせて平成27年度より2ヶ年度事業で各建物の補修や改変されていた部分の復旧工事を実施しています。

misoyabekkan01_161122.jpg

写真(1) 主屋の曳き屋の様子

misoyabekkan02_161122.jpg

写真(2) 外壁の塗り替えや解体古材を用いての正面ファサード復旧の様子。

get-adobe-readerPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Adobe Readerをパソコンにインストールして下さい。ソフトはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。