現在表示しているページ
ホーム > 事業概要 > 文化財建造物修理 > 熊野那智大社第一殿ほか7棟
ここから本文です

熊野那智大社第一殿ほか七棟災害復旧事業

熊野三山の一つ、東牟婁郡那智勝浦町の熊野那智大社は、平成23年9月4日未明に発生した土砂崩れにより、国の重要文化財に指定されている第一殿ほか七棟や、那智大瀧など国指定の史跡においても甚大なる被害を受けました。

平成23 年9月末には国庫補助による災害復旧事業に着手し、治山等他事業との調整を図りながら、国の重要文化財である第一殿ほか七棟の保存修理工事を実施しています。またこれにあわせ、24 年10月からは、東門ほか2棟の史跡地内建造物の修理にも取り掛かり、境内地を構成する全ての建造物の復旧が、平成24年度中に完了する予定です。

nachitaisya.jpg
北東より御県彦社・第六殿および同鈴門・瑞垣を見る

get-adobe-readerPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Adobe Readerをパソコンにインストールして下さい。ソフトはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。