現在表示しているページ
ホーム > 入札情報 > 公益財団法人和歌山県文化財センターの入札制度について
ここから本文です

取引業者の皆様へ

公益財団法人 和歌山県文化財センター

公益財団法人 和歌山県文化財センターの入札制度について

公益財団法人和歌山県文化財センター(以下、文化財センターとする。)の入札制度の概要は、以下の通りです。

対象となる業務

(1)発掘調査工事等の入札(平成22年5月1日以降に公告する入札に適用。)

  1. 原則としてすべての発掘調査工事等(発掘調査)について、競争性・公平性・透明性を向上させるため、「条件付き一般競争入札」制度を導入します。
  2. 和歌山県の実施する最低制限価格及び低入札価格調査を適用します*1
  3. 発掘調査工事の特殊性を考慮し、文化財センター独自の発注基準額と地域要件を設定します*2
  4. 発掘調査のもつ緊急性を考慮し、「総合評価方式」の導入は当面見合わせます、

(2)発掘調査工事等の委託業務の入札(平成22年5月1日以降に公告する入札に適用。)

  1. 原則としてすべての発掘調査工事に係る委託業務(設計・調査・測量)について、競争性・公平性・透明性を向上させるため、「条件付き一般競争入札」制度を導入します。
  2. 和歌山県の実施する最低制限価格を適用します*1

(3)役務の提供等の入札(平成22年5月1日以降の入札に適用。)

  1. 予定価格が随意契約限度額を超える役務の提供について*3、競争性・公平性・透明性を向上させるため、「条件付き一般競争入札」制度を導入します。
  2. 予定価格が随意契約限度額を超えない役務の提供についても、「簡易公開調達」制度を導入します。

(4)物品の購入等の入札(平成22年5月1日以降の入札に適用。)

  1. 予定価格が随意契約限度額を超える調達について、競争性・公平性・透明性を向上させるため、「条件付き一般競争入札」制度を導入します。
  2. 予定価格が随意契約限度額を超えない調達についても*3、「簡易公開調達」制度を導入します。

登録制度

役務の提供等の契約並びに物品の購入等の契約については、和歌山県の入札参加資格者登録制度に加え、別途、文化財センターにおいて「入札参加資格者登録制度」を立ち上げ、入札参加者の拡大を図ります。

入札の公告

入札の公告については電子入札システムを用いず、文化財センター事務局での掲示、文化財センターホームページへの掲載により行います。

その他

入札に関する要綱・要領などは県の実施する条件付き一般競争入札の要領等に準じることとし、文化財センター独自に必要な事項はホームページ上で公開します

問合せ先

公益財団法人和歌山県文化財センター 管理課
TEL:073-433-3843(代表)

*1 最低制限価格及び調査基準価格 = 基準額 × ランダム係数

ただし、算出した価格が予定価格の10分の7に満たない場合は10分の7となります。

基準額(最低制限価格及び調査基準価格の算出の基礎となる価格(税込み))

発掘調査工事については

最低制限価格
(直接工事費の100%+共通仮設費の90%+現場管理費の80%+一般管理費の55%)×1.05

調査基準価格
(直接工事費の95%+共通仮設費の90%+現場管理費の80%+一般管理費の55%)×1.05

発掘調査工事に係る委託業務については
(直接測量費の100%+測量調査費の100%+諸経費の40%)×1.05

価格の算定に当たっては、改札と同時にランダム係数を発生させ、これを乗じることにより価格を変動させます。

・ランダム係数 和歌山県の実施する工事等に準拠し、
発掘調査工事「0.98501.0150」の0.0001刻みの数値。
発掘調査工事に係る委託業務「0.97001.0300」の0.0001刻みの数値。

*2 文化財センター独自の発注基準額と地域要件

chiikiyouken.jpg

*3 随意契約限度額

gendogaku.jpg

get-adobe-readerPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Adobe Readerをパソコンにインストールして下さい。ソフトはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。